Mit T&M記録

yosamag.exblog.jp
ブログトップ

ドイツ旅行3

旅の最初のプログラムは友人の住むヘルフォードの街の史跡案内から始まった。西暦1200年ごろのの話。その当時この辺りはキリスト教が布教されてはいなかった。領地が干ばつに見舞われて住民は水を求めて苦しんでいた。領主が馬に乗り山を跋渉していたが、
此処を掘れば水がでるというイエスのお告げを聴き、そのとうりに馬がひずめで傍の岩を掘り起こすと、あら不思議、水が沸き出た。
いらいキリストを信じ領地をキリスト教地とした。その山にある古いホテル内にその様子を描いた絵画がかかっている。昼食に食べた豆スープ煮が美味であった。
f0069717_21582754.jpg

f0069717_21525932.jpg

泉の跡
f0069717_2153438.jpg

ヘルフォードの街にも馬が水を掘り当てる様子の銅像がある。背後の建物は小学校。
f0069717_21544995.jpg

この像をご先祖とするのが友人で、同じ姓名である。
[PR]
by yosamag | 2008-07-09 21:48 | 旅行

旅で見たことなど


by yosamag