Mit T&M記録

yosamag.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

メモ用紙入れ

ゴスラーのホテル・カイザーヴォールトの部屋に在った、メモ用紙を入れた箱が気に入り写真に収める。
こんなメモ用紙容器があればなーと思った。
f0069717_23193275.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-29 23:24 | グッズ

Fulda

ドイツでの最後の宿泊地はフルダである。フランクフルト空港へ近いので友人が選んでくれた。
歴史は古く8世紀にできた修道院が巡礼地となり発展していった。1704年大聖堂の建築が開始され次々宮殿なども建築されて現存し、バロックの町と呼ばれている。

宮殿
f0069717_14221077.jpg

宮殿の中庭 花壇が美しい
f0069717_1428480.jpg

宮殿庭園の噴水 一般に開放されている
f0069717_142767.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-26 14:34 | 旅行

Hann.Muenden

ゴスラーの西南にあるハノーファーシュ・ミュンデンへ行く。ミュンデンとは「河の合流点」の意味でベラ川とフルダ川が合流してヴェーザー川となり街が発展した。合流地点に詩が書かれた
石碑がある。ドイツにはライン・エルベ・ヴェーザーと大きな川が流れているが、ドイツに源流を持つのはヴェーザーのみである。
f0069717_20151895.jpg
f0069717_20183989.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-25 20:24 | 旅行

Brocken

ブロッケン山(1142m.)に行く。旧東ドイツ国で軍事用施設もあり、山頂へ行けるようになったのは最近の事である。SL登山列車で、ベルニゲローデからだと1.5時間かかる。我々は途中のSchierke駅から乗車。ここからは30分で着く。
f0069717_1839314.jpg

煙を吐きながら駅に近づくところ。
f0069717_18394615.jpg

ブロッケン山の駅から山頂を見る
f0069717_18401971.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-23 18:43 | 旅行

WERNIGERODE

観光可能になった、旧東ドイツのベルニゲローデの街観光に行く。木組みの美しい市庁舎の建物を見るのが目的であったが、祭りがあり建物全体を見ることができなかった。茶色の壁の左端の建物がそれである。1277年に建てられて1544年に改造完成した。
f0069717_1013479.jpg

お祭りで人が多く町の散策が出来かねて残念であるが
この町で見逃した建物は18世紀半ばの極小の家(Kleinstes Haus)と”斜めの家”である。
[PR]
by yosamag | 2008-07-22 10:50 | 旅行
ゴスラーには1000年以上の歴史を持つ鉱山がある。錫の人形博物館へ行った。
博物館の入り口。建物は古くて、中は改造して博物館にしている。
f0069717_21315785.jpg


とても小さな人形であったが、写真に撮ると精巧にできている事が分かる。
ペルガモンのイシュタール門を(本物はベルリンのペルガモン博物館にある)表現した錫の細工
f0069717_2132276.jpg


ゲーテの「ファウスト」で有名な「Walpurgis」(ブロッケン山頂で4月30日行われる魔女たちの宴)を錫で表現している。
f0069717_2133616.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-21 21:49 | 美術館

ゴスラーの博物館

ゴスラーの、ギネスブックに掲載されているもの2点所蔵の「楽器と人形の博物館」へ行く。
11時オープンだというのに、あきらめたかけた15分過ぎに入館できた。日曜日の礼拝に出かけて遅くなったのが理由。
世界一小さな楽器店
f0069717_16383850.jpg


世界一小さなテディベア人形
f0069717_16391050.jpg


マイセン磁器の人形も沢山所蔵している
f0069717_1646055.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-20 16:57 | 美術館

ゴスラーの祭り

パレードの翌日の朝 7時というのに音楽が聞こえてきた。急いで窓の下を見ると昨日のように
音楽隊が行進していた。
f0069717_2227834.jpg

行進が終了し、ビールを飲んで寛ぐ。
f0069717_22302181.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-19 22:32 | 祭り

ゴスラーの祭り

ゴスラーは10世紀から1988年まで創業を続けた鉱山(世界遺産)があり鉱山の繁栄とともに町は発展した。小さな町(人口5万人)であるが町のインフォメーションでもらった印刷物によると2月から12月までイベントがある。我々が見たのはSchuetzen-und Volksfestである。
吹奏楽楽隊 自然を守る団体 様々な運動クラブ等の行進が1時間あった。参加していた人数の多さに驚いた。キャンディーを撒きながら行進する団体が多くあった。
f0069717_22322683.jpg
f0069717_22355917.jpg

f0069717_16293816.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-18 22:38 | 旅行

ゴスラー

f0069717_134872.jpg
ブレーメンからゴスラーへ行く。出かける朝ホテルの前で、クラシックカーの集まりがあった。
11世紀 皇帝ハインリッヒ3世は金・銀・錫を産出する鉱山が近くにあるゴスラーを本拠地とした。皇帝居城(Kaiserpfalz)は芝生の広がる小高い丘の上にあり、19世紀ドイツ帝国により、修復再建された城の前左右に「中世騎士道の華」と呼ばれたフリードリッヒ1世(バルバロッサの愛称)と19世紀の皇帝ヴィルヘルム1世の騎馬像がある。
f0069717_1410312.jpg

f0069717_1533212.jpg


馬車に乗り観光する。
f0069717_14191894.jpg

3階に赤い扉のある木組みの家。恐ろしい昔話(実話)を馬車のガイドは語った。
f0069717_14213635.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-17 14:25 | 旅行

旅で見たことなど


by yosamag