Mit T&M記録

yosamag.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブレーメンの音楽隊

ブレーメンはグリム童話「ブレーメンの音楽隊」で知られているが、様々な面を持っている。1200年の歴史を持ち、1646年に自治権を獲得した自由ハンザ都市でもあり、科学都市でもある。旧市街にはブレーメンの音楽隊の像が置かれている。市庁舎そばの像は触るとご利益があるらしくロバの脚(手の届くところ)が光っていた。
f0069717_21113262.jpg
f0069717_21143315.jpg
f0069717_21161954.jpg
f0069717_2118217.jpg

市庁舎でパーティがあるのか、着飾った若い人たちが集まっていた。
f0069717_21214590.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-16 21:22 | 旅行

ブレーメン

ミンデンからブレーメンへ行く。ブレーメンはドイツ第2の港がある。昔はコーヒー・綿花の輸入で栄えた。ベトヒャー通りに近いホテルに宿泊したので、ここから観光を開始。この通りは財をなした地元のコーヒー商人ロゼリウスが1920年から1930年建築家・彫刻家ヘットガーにつくらせた。中世風の街並みを再現した100メートルの通りには仕掛け時計や黄金のレリーフが
ある。

仕掛け時計 リンドバーグのレリーフ
f0069717_2245134.jpg

仕掛け時計は建物の間の円柱の部分の扉が開き、顔と乗り物・名前が記したレリーフが次々現れる。
f0069717_22125133.jpg

マイセン磁器のカリオンが15時と18時(サマータイムは1時間早い)時を告げる
f0069717_22132890.jpg


竜とミカエルを彫刻したレリーフ 「光を運んでくるもの」
f0069717_22151257.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-14 22:27 | 旅行

ドイツ旅行4

ミンデンには河をまたぐ運河がある。橋や陸橋が河になっている建築物と想像した。かなり広大な規模であった。運河クルーズがあり乗船する。小学生が遠足らしく大勢乗船していた。
閘門の扉が上がりその下を船が通るとき水が雨のように落ちてきて衣服がぬれた。
f0069717_19202598.jpg

f0069717_19212139.jpg

f0069717_19223543.jpg

f0069717_19225564.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-11 19:25 | 旅行

ドイツ旅行3

旅の最初のプログラムは友人の住むヘルフォードの街の史跡案内から始まった。西暦1200年ごろのの話。その当時この辺りはキリスト教が布教されてはいなかった。領地が干ばつに見舞われて住民は水を求めて苦しんでいた。領主が馬に乗り山を跋渉していたが、
此処を掘れば水がでるというイエスのお告げを聴き、そのとうりに馬がひずめで傍の岩を掘り起こすと、あら不思議、水が沸き出た。
いらいキリストを信じ領地をキリスト教地とした。その山にある古いホテル内にその様子を描いた絵画がかかっている。昼食に食べた豆スープ煮が美味であった。
f0069717_21582754.jpg

f0069717_21525932.jpg

泉の跡
f0069717_2153438.jpg

ヘルフォードの街にも馬が水を掘り当てる様子の銅像がある。背後の建物は小学校。
f0069717_21544995.jpg

この像をご先祖とするのが友人で、同じ姓名である。
[PR]
by yosamag | 2008-07-09 21:48 | 旅行

ドイツ旅行2

北ドイツの友人の家のベランダより見た景色。秋には黄葉が美しいと言う。私たちは
朝食を向かいにあるパン屋で取る。村には店がないので、車でやって来てパンや新聞を買う客が多くいた。
f0069717_22263584.jpg

[PR]
by yosamag | 2008-07-08 22:27 | 旅行

ドイツ旅行

今年も友人を訪ねて、ドイツへ旅行した。フランクフルト空港へ彼の車で迎えに来てくれた。
友人の家は北ドイツにあり、4時間半後に着くはずであった。しかし、3時間進んだ時、休憩もせず運転したためか、警告信号が鳴り、路肩に停車したところボンネットから煙がでていた。危険だから車から離れているように言われた。彼も私も初めての体験であった。追突されて交通事故にならずにすんだものだ。もはやエンジンがかからず、携帯電話でADACを呼び待つこと1時間以上。小さな車でわき道へ牽引されて、次は修理工場までアウトバーンを走るため、車を乗せるトラックを待つ。
f0069717_22543892.jpg

田舎の修理工場ヘのドライブは美しい眺めを楽しんだ。夜でも明るいのが救いであった。
友人宅へは午後10時30分に着いた。写真は車をトラックに載せるところ。
[PR]
by yosamag | 2008-07-07 23:06 | 旅行

旅で見たことなど


by yosamag